美容部員の世界を経験した。じゃあ次は…?

美容部員になりたいですか?

はじめに、今この文章を読まれている方のほとんどは
美容の世界に対して、夢と希望と野心を持った方なのでしょう。

 

『もう意志を固めて、何を言っても
焼け石に水な方が多いのだろうな。』
と思いながらも、あえて書きます。

 

『美容部員でいいんですか?』

 

夢や目標にひた走るのはとても素敵なことです。

 

私自身も仕事中は、『目標クリアしよう!』
『表彰されよう!』と思って仕事をしています。

 

実際に全国売上ランキングで表彰された時は、
とても気持ちがよかったです。

 


スポンサーリンク

 

前置きで自慢話をさせて頂いたのには理由があります。

 

どんなに輝かしい結果をのこそうが、
美容部員のスキルは他業種に転用できません。

 

おもてなしの心?マナー?

 

例えば、あなたに不慮の事故があって、
店頭に立つことが難しくなったら。

 

他業種に転職しようと思った時、
美容部員を長くやっていたがために
潰しがきかなくなっているケースが多いです。

 

一度辞めた美容部員は
ほとんど復職しています。

 

転用できるスキルがない為、
完全なる転職が出来ないのです。

 

正直言いまして、表彰だの売上だのよりも、
『以前はPCを使う仕事をしていたので、
Word、Excel、Power Point、PhotoShop、
Illustratorが使えるんです。』

 

と言える人の方が、羨ましがられますし、
世の中では重宝されます。

 

美容業界が蛇の道…とまでは言いません。

 

華やいで見えるだけに、素敵なお仕事と捉えられがちですが、
その奥には様々な『人生』を単位にした悩みを抱えて、
皆店頭に立っています。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク