美容部員の辛いところ・・遅刻、欠勤が断じて許されない?

美容部員・・遅刻、欠勤が断じて許されない?

このエントリーをはてなブックマークに追加     

 

美容部員の辛いところは、
遅刻・欠勤が断じて許されないところです。

 

私、美容部員になる以前は、
美容関係の小さな商社で
デスクワークの毎日を送っておりました。

 

雪が降れば自宅待機。

 

毎日使う路線で人身事故が起これば、
遅延証明書を提出すればお咎めなし。

 

しかし、美容部員は違います。

 

雪が降れば遅刻を想定して、普段の電車より
1時間半以上前の電車に乗るのは当たり前。

 

人身事故が起こった場合も
『電車は事故がつきものなのだから、
あなたが早く家を出ないのが悪い。』
と叱られる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

若かりし頃、

 

『それって、配属先から歩いて来られるくらい近くに住まない限り
100%解決しない問題ですよね?私に落ち度があるんですか?』
と反論したところ、上司の逆鱗に触れました。

 

私の言っていること、あながち間違いでもない気がするのですが、
客商売たるもの『規定の時間にきっちり人員を揃える』
ということに大きな意義があるそうです。

 

欠勤も然り。

 

『38.5度以下の熱では休まない。』
『生理痛?薬飲んで我慢しなさい。』 と。

 

私自身はこういう根性論嫌いなんですが、
どうも美容部員には、無茶をすることや、
勤務時間外に仕事に対して時間を割くことを当然と考える、
いわば『奴隷体質』が染み付いているようです。

 

私も、根性論は嫌いと言いつつ、
それに従っています。

 

規定の時間に来なければ、
お客様に迷惑をかけるのは事実です。

 

それは避けなければいけない問題です。

 

遅刻・欠勤が許されない、オフィスワークとは
まるで違う仕事に対する姿勢が存在しています。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加